カテゴリ:ぽけニャン紹介( 7 )
ココ丸まこ伝
雨降る肌寒い薄暗い帰り道。家の裏道を通って帰ろうとしたとのとき。
ぴぎゃー!ぴぎゃーーー!っと泣き声が聞こえた。 
人間の赤ちゃん?と思いながらT字路の道を右に曲がった。
ぴぎゃー!ぴぎゃーーー!!
気になる・・・とっても気になる・・・ドキドキ・・・・・
バックしてT字路左に曲がったところから声が聞こえた。
やっぱり人間の赤ちゃんじゃないね・・・・・ピーン! にゃんこに違いない!
薄暗い中、声のもとを探す。 いた!
黒い毛玉が雨にぬれながら泣いてた。
うあ~~~!出会っちゃった!! どうしよ~~~! でもほっとけない!! これがそのときの本音。
うちにはすでに5にゃんがいる。それに最近みんなを満足いくまでかまってあげられないことに負債を感じてたから、もう絶対増やすことはできないって思ってたのだ。
でもいてもたってもいられず、家にいたぽけパパに話して一緒に来てもらった。
しばらく母親がいないか戻ってこないかと探して待ってみたけど、限界。
このままじゃ生きれない!っと判断して即行、病院へ行った。
外では暗くてよくわかんなかったけど、病院ついてみたら目が目ヤニでひっついてた。
お湯でなんとか目ヤニを溶かして(?)はぐようにして目ヤニを取った。
よかったぁ~、目は開いたよ!! まだヨチヨチの生まれて1ヶ月弱って感じだった。
帰ってからとにかく食べさせなきゃとミルクと離乳食を準備したものの、哺乳瓶からもストローからもミルクを飲もうとしなかった。
歯はすでに生えてたので、薬をのますように口に離乳食(カリカリをミルクでふやかしたもの)を入れるとやっとくちゃくちゃと食べてくれた。
自分からはご飯を食べようとしないのでしばらく無理やりっぽかったけど、ご飯をあげた。
食べなきゃ体力なくなるよぉ~~~ってんで必死。(私が)泣きながらご飯をあげてたよ。
食べたら排泄。うぅ・・・してくれない。ちっこもウンチも・・・おちりをトントン・・・
2日目にしてやっとちっこしてくれた。それも粗相しなくて自分からトイレに入ったの。エライ!!
ウンチを出してくれ~~~。 ほら、ご飯もっと食べてぇ~~~。 もう必死。
3日目にしてめでたくウンチが生まれた。(生まれたって・・・爆)
それからはめきめき元気になって走れるまでになった。
ただ心配だったのは病気のこと。伝染性の病気を持ってなければいいが。。。
先住にゃんに対面させてたときもご飯とトイレは完全別々。なめようとしたらストップかけたりして大変だった。
保護して1週間が過ぎて・・・そう、やっぱり手放すのはできなくなってたのだ。
ぽけパパも既にココにぞっこんになってたし。(笑)
それがはっきり決まるまで里親を・・・って思ってたときにず~っと気にかけてて下さったランママさんにたくそうかと真剣に思ってた。 そのとき既にランママさんにはココのママさんとして見えない形でお願いしてしまってた。
今は札幌のココのママさんとしてココを見守っていただいてる。
さて、我が家の家族にとハッキリ決まって健康診断へ。
もう判定がでるまで生きた心地がしなかったけど、晴れて健康とわかって万々歳!!
こうしてココも我が家の家族となったのでした♪
[PR]
by pokenyans | 2005-01-12 00:30 | ぽけニャン紹介
ちゃちゃ丸メグ伝
さーて、今日はぽけパパが仕事で遅くなる日。気を入れて掃除しとこうじゃないか、と私ぽけが仕事を終えて家の掃除をしてた。
お風呂も洗って・・・って思ってたところに 「みゃ、みゃ」
? なにやら聞こえる・・・ 「みゃ、みゃ」 え? ひょっとしてチビニャン?
声の発生場所はお風呂場の窓のとこ。
こっちを見て必死にないていた。
あらあら、お腹空いてんのかな? それにしてもうちの地域ニャンとは違う毛色だわね。
とにかくご飯と思ってお風呂場の窓の外にいるチビニャンの前にご飯を置いた。
ご飯に見向きもしないチビニャン。必死になき続ける。
おかしいなっと思ってよくよくみたらお顔が汚れてた。
なんか変だと思い窓からそのチビニャンを保護。
そのまますぐに病院へかけこんだ。
うちには既に可愛い4ニャンが・・・病気をまず調べておかなきゃ、とゆうことでエイズと白血病の検査をした。陰性。良かった♪
で、お顔が汚いのは鼻血やケガのせいだった。爪もバリバリに削れてた。
いったいこの子に何があったんだろう・・・
そして何故にうちに来たんだろう・・・ちょっと不思議なちゃちゃとの出会い。
最初はケガのせいか大人しかったのに1日経ったら元気元気。
風邪も引いてて鼻水飛ばすわ。くしゃみはするわ、目やにもでるわで大変だったけど、治療のすえ何とか見れるようになった。
そして怖いもの知らずだとわかった。
翌日からは家の中を我が物のように走り回るおてんば娘となったのだった。

大変だったのは受け入れる側。
初めてだろう、自分よりちっちゃい猫を見たぴぴ。
ビビリまくってストレス溜め込んで病気にまでなりそうだった。ぴぴ受難の日々。
ヤンチャたちがロッくんを受け入れる期間より長くかかっちゃったかな。
今は一緒におっかけっこする仲になったけどね。良かったー♪
[PR]
by pokenyans | 2005-01-12 00:25 | ぽけニャン紹介
ピピ丸だいすけ伝
親友ねこひめさんがうちから帰ったその夜(2002.12.16)出会いがあった。
一緒にいたねこひめさんの彼氏こうにゃんの目に飛び込んできたもの。
それがガリガリに痩せた母猫とちびっこい子ニャン2。
これはご飯をあげないとってんで持ち合わせてたカリカリご飯をあげたらガツガツ必死で食べる子ニャン。
母猫はミルクも出ませんよ、みたいな感じでこの子達をお願いできませんかと言う。(そう言った気がしたとのこと)
ほっとけない、このままじゃこの冬を越せないぞ!と瞬間的にこうにゃんは思ったそうな。
と結果、その子ニャン2を保護。
キジトラと白茶トラのなんとも可愛い子たち。
ねこひめさんちには既に5ニャンいたので里親募集しようとしてた。(ねこひめさんは手放したくなかったみたいだが)
やはり保護して可愛がってると情が移って手放したくなくなるわけだよね。
うちにも3ニャンいたので迷いに迷ったけど、ぽけパパの許可を得て白茶トラの男の子の方を引き取ることに。
この子は猫好き猫でビビリまくって大変だった。
うちの子たちに溶け込めないとなんとも可哀相になると不安どろどろ・・・
けど2日目にして長男ヤンチャが受け入れてくれたことによってロッくんも少しずつ慣れて晴れてぴぴもぽけ家の一員となったのだ。
ぴぴとしては新しい家のことより私たちに慣れることのほうが大変だったみたい。
今じゃ甘えん坊だけどね。(笑)
そうそう、一緒にいたキジトラ(名をプーキーと命名)は今はねこひめ家の一員となって元気に楽しく暮らしている。(^m^)
[PR]
by pokenyans | 2005-01-12 00:20 | ぽけニャン紹介
ロク丸ひろし伝
ぽけパパが休日の夜勤だった日、夕方に電話がかかってきた。
「どうしよ! あっちゃったよ、どうしよーーー!」
ロッくんとの出会いである。
会社の近くの倉庫から「ミーミー」声がしたから気になって見に行ったのだった。
そこはビルや倉庫街で住民はいないところ。
休日だから、もちろんその倉庫も誰もいない。
そこにポツンといたロッくん。
ほっといたら死んじゃう~ってんでほっとけなくてコンビニからソーセージ買ってきてあげたそうな。
まだ手の中に入るヨロヨロのチビニャン。
黒くてお目目まん丸で小熊のぬいぐるみみたいだった。
と、電話を受けたぽけ。
「うあーん、連れてきて! 保護して!!」
夜勤だったぽけパパは翌朝段ボールに入れて連れてきた。
「電車の中で大人しくしてていい子だったよ。」
歩くのもよちゃよちゃでやっとご飯を食べれるくらいの歯があった。
そのまま病院へ。まだ小さくて血も採れないので病気の検査はできなかった。
とりあえずノミがたくさんいたのでノミ取りと虫下し。
ノミ取りしたら手のひらに乗る子に100匹くらいのノミがいたよ。ひぇ~~~(T◇T)良かった、保護して。
それからロッくんは私たちをホントの親と思っている。
なもんで、自分も猫なんだか人なんだかわかってないかもしれない・・・

余談だけど、
「連れてきて」と言ったあとに急に不安になったのはゆうまでもない。
ヤンチャとムクちゃんが受け入れてくれるのかがすごい怖かった。
なにせ、ほんとにチビニャン(ヤンチャとムクの場合、母猫が育てたから)を迎えるのは初めてだったもんね。
ヤンチャとムクちゃんは最初ロッくんが同じ猫だとゆうことがわからなかったらしい。(チビ猫見るのは初めてだったんでしょう)
慣れるまで2~3週間かかったかな。
[PR]
by pokenyans | 2005-01-12 00:15 | ぽけニャン紹介
ムク丸ももこ伝
ことの始まりはヤンチャ。 ヤンチャのいきさつからムクは始まる。(ヤンチャ丸ひでゆき伝)
ムクはいい子。いい子とゆうのは母親シロクロニャにとってである。
ヤンチャと違ってシロクロニャのゆうことをきっちり守る子だった。
ゆえに警戒心が非常に強くて私たちに近寄ってこなかった。
でも、ムクはひとりじゃ何もできない子で遊びもヤンチャを追っかけては転んだりドジってた。
遠くから見て長毛のムクはむくむくしてて転げまわる姿がとっても可愛かったよ。
だからシロクロニャからの子離れ儀式があってからどうしたものか悩んでしまったんだと思う。
ヤンチャについていくにも母親から注意されて来なかったんだからね。
それで私たちはお風呂場の窓の下に仮ハウス(衣装ケースを利用して作ったハウス)を置いてあげた。
ムクは食べるときと遊ぶとき以外がずっとそこにいる。
なんとかご飯をもらうのに慣れてこわごわながらも私たちのそばにいることはできるようになった。
ムクが8ヶ月くらいになってからかな・・・(子離れ儀式は7ヶ月くらいで行われた)
とにかく避妊だけは、と思い近所の動物病院で避妊手術。
それからも相変わらず仮ハウス住まいは続いていたんだけど、たまにうちに入れるようにまでなった。
ちょうどその頃、なんだか様子が変になったムク。
リンパ腺が腫れ高熱を出してうなだれてた。
それから毎日病院通いをして看病。
その時の診断は「白血病」ショックだったね。(試験反応がプラスと出た)
でもそれは後に違うことが判明したんだけどね。なんでプラス反応したんだろうな? 
しばらくして元気になったムク。もう完全にうちの子になれた感じになったので仮ハウスは取り払われたのだった。
[PR]
by pokenyans | 2005-01-12 00:10 | ぽけニャン紹介
ヤンチャ丸ひでゆき伝
ヤンチャがうちに来る経緯をお伝えするには、まずは父親シロニャを紹介しなくてはいけない。
マンションから一戸建ての家に引っ越してきた猫好きぽけ夫婦は家の裏によくいる白猫シロニャ(家族紹介のおまけに詳細あり)を見かけ餌付けしようとトライ。
うちの地域にいる猫は警戒心が強くて人を信用してなかったのだ。
最初は窓からまぐろ(血合い肉)だとかを一口ずつポンポン遠くへ投げてたあげてた。
だってなかなか近寄って来てくれなかったからね。
餌を投げるところから置くまでに1ヶ月くらいかかったかな。
そのうちシロニャは彼女シロクロニャ(家族紹介のおまけに詳細あり)を案内してきた。
「彼女にもご飯あげて。」
その彼女といったら長毛でちょっと小汚くて顔はちょいブスだった。(^^;)
シロニャがうちへ案内してきたのはその彼女シロクロニャだけ。
そのシロクロニャが母親となるわけだが・・・・・
この2ニャン、1年以上もご飯あげてるのになかなか懐いてくれない。触らせてもくれない。
でもわざと窓を開けっぱなしにしてると人の目を盗んで(実際はのぞき見して楽しんだんだけど)うちのソファにゆったりと気持ちよく寝てた。
人に気づくとバババッと逃げ去って1年半たっても懐かなかったよ。
それからしばらくシロクロニャの姿が見えないなーと思ってたら、ちっこいのが3ニャンもこもこと動いてた♪
もうご飯も食べられるような大きさになってやっとシロクロニャがうちへ子ニャンを案内してきた。
子ニャンぐらいはうちに懐いてくれないかなーと願いつつ遠くから見守ってた。

その中で一番やんちゃな好奇心旺盛な子がいたのよ♪
シロクロニャが「人間はだめ、気をつけなさい! そばにいっちゃダメ!!」っていくら叱ってもへっちゃらな子が。
それがヤンチャ。(^m^)
ヒモにつられてタカタカ遊びに来た子。
そのうちシロクロニャも諦めたか「勝手にしなさい」と。
夕方ヤンチャをうちへ預けて8時ごろ必ず迎えに来てたシロクロニャ。
毎日夜に何の用があったのかな。猫の婦人会でもあるのか?
8時ごろになると外から「なぁ~ん」 ヤンチャを呼ぶ声。
お迎えが来たよーってんで私たちはヤンチャをシロクロニャに返す。
そんな日が続いてたある日、シロクロニャがうちへヤンチャたちを置いて威嚇し始めた。
子離れ儀式。
たくましい母親シロクロニャは子ニャンの居所を「ぽけ家」と決めて置いてった。
それからシロクロニャはうちにくることはなくなったのだ。
すごいな、母親って。
(まぁ、後にほとぼりが冷めた頃またご飯をもらいに来るようになったけど)
そうしてヤンチャは晴れてぽけ家の長男として迎えられたのだった。
[PR]
by pokenyans | 2005-01-12 00:05 | ぽけニャン紹介
ぽけニャンズのご紹介
ヤンチャ丸ひでゆき (♂)   2000年5月中旬生(推定)
キャッチフレーズ : 炭鉱おやぢ   出稼ぎおやぢ
c0032073_14122148.jpg



ムク丸ももこ (♀)    2000年5月中旬生(推定)
キャッチフレーズ : へっぽこ女優
c0032073_1415232.jpg



ロク丸ひろし (♂)    2001年9月初旬生(推定)
キャッチフレーズ : 破壊王   わがまま大王
c0032073_14161257.jpg



ピピ丸だいすけ (♂)   2002年11月中旬生(推定)
キャッチフレーズ : 貴公子
c0032073_1417943.jpg



ちゃちゃ丸メグ (♀)   2003年7月下旬生(推定)
キャッチフレーズ : おてんば王女
c0032073_14193731.jpg



ココ丸まこ (♀)   2004年9月5日生(推定)
キャッチフレーズ : マイペース娘
c0032073_10351856.jpg

[PR]
by pokenyans | 2005-01-12 00:00 | ぽけニャン紹介



POKE家の のほほん日記
のほほん☆POKE
【一言メッセージ】
お引越ししちゃいましたが、また新居へご来訪いただけると嬉しいです。よろしくお願いします。 m(__)m


 
 ★ 登場ニャン ★
長男◆ヤンチャ丸ひでゆき
長女◆ムク丸ももこ
次男◆ロク丸ひろし
三男◆ピピ丸だいすけ

次女◆ちゃちゃ丸メグ
三女◆ココ丸まこ

ご紹介画像はこちら♪

 
♪ Blog link ♪
ニャンぴこdiary
ねこぴ
ネコノビッチ出来事
ネコノビッチ猫事
Neko☆Club☆Diary
Neko☆Club☆Album
CatDiary
KITTY COLLECTION
きまぐれ雑記
CHOPIN Piano Favourites
ちょこブログ
まったり猫♪
猫ママ日記
寝る子も育つノースコタン
がんばる猫
にゃんこのきもち
猫三昧日記
すぐりとミルクのネコアルバム
ウラ・すぐりミルク日記
クロと風太の生活
baby pink
AGEHAの周りの猫たちとか
にゃんこのいる幸せ
Mutter of Spika
わんにゃん日記
~猫とヴァイオリンと~Fiddler’s muttering
The Cat who....
NekoTomo Blog
ねこつぐらでひとりごと
女番社長レナ
うしまるの独り言・・・
気のむくままに
WMT1+WPT2=HAPPY
青にゃんワールド
みけばこ!
お気楽な毎日
SHIPPO&MEI
とりあえず nuko-mahi
猫的下僕生活


♪ HP link ♪
猫のふがふが気分
金曜日の猫たち
みゅうが一番
らんチョンマット
のほほん
Helianthus annuus
サビ猫たまちゃん
shippo & mei
タグ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧